自分だけが知っている資産状況を記録する

エンディングノートの書き方講座

エンディングノートの役割とその書き方と管理方法

財産・貴重品に関する情報をしっかりと

エンディングノートに書く項目のひとつに、自分の資産状況があります。
そんなに財産も貴重品も持っていないと思っていても、細かく書き出していこうとすると、結構多くて驚くはずです。
残された家族がわからなくて困ることがないように、自分の資産状況はしっかり具体的に記載しておきましょう。
これは自分の死後というよりも、今後の自分のライフプランを考えるうえで格好の材料となるはずです。
資産状況は具体的に何を記載すればいいでしょうか?
資産にはプラスのものとマイナスのものがあります。
プラスのものとしては、不動産(可能な限り登記簿謄本を添付)、預貯金(金融機関名、支店名、預金種類、口座番号、預入額、銀行印の保管場所等)、現金、有価証券(株式、債券、投資信託等。窓口となる証券会社名、支店名)、貴金属、美術工芸品、自動車、ゴルフ会員権等、生命保険・傷害保険・火災保険等(保険会社名、保険証券の保管場所)
マイナスのものとしては、借入金(住宅ローン、自動車ローン、ショッピングローン等)、税金関係(固定資産税、自動車税等)、クレジットカード(会社名、番号、期限)
これらは、遺産相続の対象になるものが、ほとんどです。プラスの資産のみでしたら、どのように分配するかということだけ検討すればいいのですが、マイナスの資産がある場合は、限定承認や相続放棄等の手続きが必要になる場合がありますので、正確な情報を残すことが望まれます。
これらの資産をどのように分配するかまでエンディングノートに書いても、本人の思いが伝わるだけで法的な効力はありません。遺産の分配に法的効力を持たせるには、別途遺言書を用意することが必須です。
そして、その遺言書がどこに所在するのかをエンディングノートに書くことは可能です。むしろ書く必要があります。

人気記事ベスト4

  • エンディングノートと遺言書との違いは?

    自分の死後に家族が判断に困るであろうことを意思表示するエンディングノートですが、遺言書との違いは何でしょうか?
    遺言書は、基本的に自分に万が一のことがあった時に自分の財産をどう処分するのか、誰にいくら相続させたいのか等資産に関する意思表示を書き遺しておくものです。その大きな特徴は、遺言書は法的な根拠があって死後にその法的効力を発揮することです。

  • ありがとうの気持ちを伝えるためのエンディングノート

    エンディングノートのメリットは、自分にもしものことがあったときに残された家族の混乱や負担を軽減することですが、同時に、自分が健康なうちは日常生活の備忘録としても使えることです。そこに取引銀行の支店や加入している生命保険や疾病保険などの会社と満期日などを記載しておくと自分のみならず、重病になったときに家族に確認をしてもらうことができます。

  • 介護が必要になった際の希望

    エンディングノートは、自分がこの世を去った時に家族に自分の意思を伝えることがメインの目的ですが、生存中でも、自分の意思を伝えるのが困難な状況になったときを想定して自分の考えを書いておくと、家族の判断の指針となります。
    介護についての希望もできるだけ詳細に書いておくと、家族や介護をする人が、本人の希望に沿った介護を実現できるように配慮をしてくれる可能性が高くなります。

  • エンディングノートを書いている事を伝えておく

    エンディングノートは書いていることを家族に伝えておくことがポイントです。
    せっかくいろいろな思いを書いても、家族に読まれなければ、何の意味もないからです。
    書いていることを伝えたときには、どの辺りに保管しているかも伝えましょう。万が一のときに少し探せば見つかることが基本です。事前に読まれることが心配な場合は、「書きかけだから読まないで」等と伝えれば、家族ならば盗み見はしないはずです。

ページTOPへ