エンディングノート書き方講座

エンディングノートの書き方講座

エンディングノートの役割とその書き方と管理方法

もしもの時に家族を困らせないために自分の思いを残す

エンディングノートは自分に万が一のことがあったときに、残された家族が困ることがないように、 自分がいなくなってから起こるであろうことに対する自分の考えや自分しか知らないことを記録するノートです。 その根底には家族への感謝の思いがあって、エンディングノートにその思いを記すとともに、自分自身の今後のよりよい人生のための指針ともなるものです。

もしもの時に家族を困らせないために自分の思いを残す

カテゴリー一覧

エンディングノートとは?

自分に万が一のことがあった場合、残された家族に自分の思いを伝えるのがエンディングノートの役割です。その内容は、自分自身のこと(生い立ち、自分史など)、葬儀・お墓・供養のこと、資産について、生前に意思の疎通が困難になった場合の介護についてや延命治療について等、多岐にわたります。でも、本当に大切な項目は家族への思いと感謝の気持ちを書き記すことです。時期が来たら、自分の口で言おうと思っていても、つらい闘病生活で叶わないこともあります。そんな後悔をしないように、エンディングノートに書いておきましょう。

エンディングノートに書いておきたい事

エンディングノートに書く内容は、自由です。でも、市販されているものには、ほぼ共通の項目が記載されています。それは、家族がもっとも判断に迷うこと、あるいは本人しか知らないことです。具体的には、病気になったときの延命治療に対する考え、介護が必要になった時の希望、自分の資産について、葬儀についての考え、家族の知らない自分の生い立ちについてです。それらを記録しておくことによって、万が一の時の家族のためばかりでなく、今後、自分自身がよりよく生きるための指針となるのです。

エンディングノートの管理方法

エンディングノートを書いても、その存在を家族が知らなければ、その本来の役割を果たせません。かといって、書いている途中から家族に公開するのは気が引けます。そんな時は、家族にはエンディングノートを書いていることは伝えますが、保管場所はおおよその場所だけ伝えておきましょう。たとえば、本棚や机の中などの少し探せば見つかるところに保管しておきましょう。また、エンディングノートに孫の手紙やお気に入りの写真などを一緒に保管するのも、内容に厚みが増して、効果があります。

人気記事ベスト4

  • エンディングノートと遺言書との違いは?

    自分の死後に家族が判断に困るであろうことを意思表示するエンディングノートですが、遺言書との違いは何でしょうか?
    遺言書は、基本的に自分に万が一のことがあった時に自分の財産をどう処分するのか、誰にいくら相続させたいのか等資産に関する意思表示を書き遺しておくものです。その大きな特徴は、遺言書は法的な根拠があって死後にその法的効力を発揮することです。

  • ありがとうの気持ちを伝えるためのエンディングノート

    エンディングノートのメリットは、自分にもしものことがあったときに残された家族の混乱や負担を軽減することですが、同時に、自分が健康なうちは日常生活の備忘録としても使えることです。そこに取引銀行の支店や加入している生命保険や疾病保険などの会社と満期日などを記載しておくと自分のみならず、重病になったときに家族に確認をしてもらうことができます。

  • 介護が必要になった際の希望

    エンディングノートは、自分がこの世を去った時に家族に自分の意思を伝えることがメインの目的ですが、生存中でも、自分の意思を伝えるのが困難な状況になったときを想定して自分の考えを書いておくと、家族の判断の指針となります。
    介護についての希望もできるだけ詳細に書いておくと、家族や介護をする人が、本人の希望に沿った介護を実現できるように配慮をしてくれる可能性が高くなります。

  • エンディングノートを書いている事を伝えておく

    エンディングノートは書いていることを家族に伝えておくことがポイントです。
    せっかくいろいろな思いを書いても、家族に読まれなければ、何の意味もないからです。
    書いていることを伝えたときには、どの辺りに保管しているかも伝えましょう。万が一のときに少し探せば見つかることが基本です。事前に読まれることが心配な場合は、「書きかけだから読まないで」等と伝えれば、家族ならば盗み見はしないはずです。

ページTOPへ